2人目妊活と女性としてのプライドで悩みました

結婚してすぐに子どもを授かり、はじめての育児に奮闘してはや3年が経ったころ、子どもは大変すぎてもう無理…と思っていた私にも2人目がほしい気持ちが芽生えました。

でもそれは、純粋に子どもが好きだからという気持ちからではなく、わが子のやんちゃぶりに振り回され続けた結果、この子には兄弟が必要!分ける精神を持たないと社会で生きていけない!と痛切に思ったからです。1人目育児は私には本当に大変で、寝る時間もろくにない、トイレも自由にはいけない、どこへ行っても1分と目を離せない、とにかく心身ともにいっぱいいっぱいの日々でした。

そんな中で夫ともセックスレス3年…。

2人目を授かるためには計画出産をするしかありません。

1人目は簡単にできたので、2人目も…と思ったのですが、いろいろと弊害がありました。

まずは私のプライド。女性としてのプライドを捨てて子作りしたいことを夫に伝え、自分から行動することの虚しさ。

割り切りは必要ですが、まだまだ女性でいたかったので、おばちゃんになり切れず、内心イライラしながらの子作りスタートでした。

うちは夫が高齢のため、いざ子作りするもうまくいかないことが続き、ドンピシャの排卵日を狙うしか方法がありませんでした。

私は産婦人科に行って卵胞チェックをしたり、ネットで話題のマカを頼んでみたり…。

おりものの粘りをチェックしたり、自分の体にこんなに神経質になったことはありませんでした。

でも、そもそもセックスの回数を増やさないとなにも始まりません。月に1回のチャンスを逃さずなんとか頑張って続けた結果、1年たって念願の妊娠に至りました。

すぐにできた方だとは思いますが、このまま子どもができなかったらむなしい子作りだなぁと思っていたので、お腹に子どもがきてくれたとわかったときは本当に本当に嬉しかったです。

私のように、夫婦仲がよいわけでなくても、2人目はできる!と言える反面、仲の良い夫婦の話を聞くとなんとなく落ち込んだのも確かです。でも、そんな気持ちも、2人目が産まれてくれたら吹き飛びました。

現在2歳になりますが、2人目は本当にかわいいです。一人目に比べると余裕があるので、はじめて育児を楽しんでいます(苦笑)。4人家族になって、家族のバランスもよくなった気がします。

夫との距離も、男女ではないですが、家族として近づき、長女もお姉さんらしく弟の面倒を見てくれる時もあります。そんな光景をみると、2人目妊活を頑張ってよかったなぁとつくづく思います。

コメントを残す