妊活はストレスとの戦いです

妊活と一言でいっても、その事が本当に大変だということを、それを体験した人でないとわからないと思っています。

そしてその大変と思うことの、最も占めている内容がストレスなのです。

そのストレスと、どう向き合って頑張る事ができるかにかかっていると思っています。

・親族や家族からのストレス
私の場合、夫の親からのストレスがありました。

その時、同居をしていたので、妊娠をすることを楽しみにしている夫の両親は、私の顔を見るたびに、妊娠をしたかと聞いてくるのです。

そのたびに、していないと答えるようにしていましたが、あまりにも聞いてこられてしまうと、その事に答える事が嫌になってきたのです。

そして一度嫌になると思ったら、自宅に帰る事が辛くなっていました。

その結果、そのストレスを受ける事は、体に良くないと思って、別居をすることにしました。

その後は、家族からのストレスがなく、良かったと思っています。

・職場でのストレス

職場では、上司に病院の検診の日などに休みをもらうとき、ストレスを感じていました。

上司からは最初は、快く話をしてくれていたのですが、だんだんと回数が多くなるに連れて、不機嫌になる姿を見るようになったのです。

その時、忙しい中、休みを取る事が申し訳ないと思って、辞職をすることまで考えた事がありました。

その後、妊娠をすることが出来たので、良かったですが、そのストレスもかなり辛かったです。

・同僚や先輩からのストレス
私は妊活をするにあたり、お酒を飲まないことにしていたのです。

そのため、あまり同僚や先輩と付き合う事ができなくなっていたのです。

お酒を飲む事ができないということもストレスとなっていましたし、その同僚たちが楽しく、お酒を飲んで楽しかった話題等を聞いたとき、このままでいいのだろうかと、不安になる事がありました。

しかし、そこでその気持ちを引っ張っていては、妊娠をすることができないと思って、その不安な気持ちを払拭して、頑張るようにしていました。

・主人からのストレス

私が妊娠をしたいと言う気持ちと、主人の気持ちのズレが合った時、本当に悲しい気持ちになりました。

その時、私一人では妊娠をすることができないので、夫の協力が必要だからです。

そして、そのことについても、私一人が頑張っているようで、何度も悲しくストレスになって、泣いてしまう事がありました。

その後、主人と話をして、妊活をすることが夫婦二人の目標となったので、その後はストレスもなくなり良かったと思っています。

コメントを残す