質よりも量で攻める妊活のすすめ

私の妊活体験は二つあります。

一人目は、結婚して数か月後に授かりました。仕事の関係で職場から妊活をするのはもう少し待ってほしいと言われていたのですが、仕事で嫌なことがあり、少々やけになっていたときに、危険日付近だと分かってはいたけれどもう仕事をやめることになってもいい、どうにでもなれ!と思って避妊せずにいたらそのまま妊娠しました。

なので一人目のときは特に危険日と安全日をなんとなく把握していた程度の妊活しかしていませんでした。

ただ、当時の私は仕事のストレスでどうにかなりそうだったため、仕事をやめてもいいんだよ、という無意識の力が妊娠という形で働いたのではないかと思っています。

ママ、仕事辞めてわたしと一緒に過ごそうよ、と赤ちゃんが言ってくれたような気がしました。

その後妊娠八か月で退職し、無事に出産しました。過度のストレスは不妊の原因になると聞きますが、私の場合は逆で、過度のストレスによって妊活の背中を押された形でした。

二人目は、一人目ほどすんなりとは授かりませんでした。出産後は体の回復が優先されるし、授乳している間は生理が再開しにくいためです。

産後八か月ごろに一度来たのですが、そのあとは続かずに止まってしまい、生理がきちんと定期的にくるようになったのは一人目の子が1歳半になって授乳量が減ったころでした。

年齢も30歳であり、3人以上子供が欲しかったのでなるべく間をあけずに妊娠をと考えていましたが、なかなか一人目のときのようにあっさりとは妊娠しませんでした。

一人目の時よりも危険日と安全日を細かく把握するように心掛けて、危険日付近にはきちんと行為をしていたものの、半年くらいは音沙汰なく、妊娠検査薬代だけがどんどんとかさんでいきました。

しかし半年たった後にある考えがふと閃いたのです。下手な鉄砲を数打てば当たるのではないだろうか。妊活の知識として、毎日するよりは3日くらい溜めてからの方が妊娠しやすいと聞いていたので、危険日付近はスナイパーのごとく狙いすまして量より質でいく気持ちで挑んでいました。

しかし、一人目はあっさり妊娠したのに、半年も何もないということは、そもそもその考え自体が間違っていたのではないだろうか。

その閃きから一か月、危険日付近は質より量でいく作戦で毎日がんばりました。そう、毎日です。

結果、見事に一か月で妊娠しました。やはり質より量だったのか。発想の転換の勝利の瞬間でした。

一人目が女の子だったため、今度は男の子を希望していました。

産みわけも考えて排卵日なども計算していましたが、ごちゃごちゃ考えるよりはまずは量をこなさなければ話にならないと、ごちゃごちゃ考えるのもやめてシンプルに勝負した結果、見事に男の子を授かり、ただいま妊娠中です。

以上、私の妊活体験談二つでした。質を高める方向でなかなか妊娠しない人は、一度量を重視してみることをおすすめします。

コメントを残す